普通のエステとは違う?風俗エステはどんなサービス?

>

知っておきたい禁止事項

店舗によって禁止事項が違う?

どんなサービスにも禁止事項というものがあり、それを守らずにいるとペナルティを課せられる、または出入り禁止になってしまう事もあります。
細々としたルールは店舗によっても違いますが、ほとんどの風俗エステで禁止されているのはハードなプレイの要求、性行為の要求です。これは一発で出禁になります。キャバクラのノリで店外デートに誘うのもNGです。もちろん盗撮や盗聴もNGですし、泥酔している方をお断りしている店舗もあります。
風俗系のサービスだから大丈夫、セラピストが気持ち良くなればもっと良い思いが出来るかも。そう思い、セラピストにタッチするお客様もいますがセラピストは仕事の一環でプレイをしているので、勘違いは禁物です。

本番や射精は厳禁!

風俗エステで働こうと考えているセラピストの中には、回春エステと混同してしまい射精サービスをしても問題が無いと勘違いしている方もいます。風俗エステではマッサージのみですので射精はNGで、もちろん本番行為も厳禁です。
指名欲しさにこれらのサービスを提案するセラピストもいますが、違法ですしバレるとその店舗も営業停止になってしまいます。これらのプレイがOKであればわざわざ風俗エステにとどまらず回春エステやソープで働く方が効率的です。
この様に「自分だけだし、バレないでしょう。」と考えてお客様に相談を持ちかけると、そのお客様は別のセラピストにも同様のサービスを求めます。そうなると風俗エステの質まで下がってしまうので気を付けて下さい。


この記事をシェアする